嘉麻市のホームページ制作会社『ネクストワンどっとコム』です。

『トップページやスマホページで余計な下層ファイルで構成している』ってどういう事?と思われれるかもしれません。

中小企業のホームページ、昔作ったホームページなどに多いケースです。会社やご自身のホームページをチェックしてみてください。

調べ方は以下の通り。

  1. Googleのアドレスバーに、ご自身のホームページのURLを入力
  2. 通常であればドメインがそのまま表示されます。【例】https://○○.comと打ち込めば、アドレスバーにも「https://○○.com」が表示される。

ところが、まれに下記のように、別のフォルダやファイルにリダイレクトされるケースがあります。

愛犬ナナ@8歳です
なんでそんなことになるの?

リョウ@1人親方since2008
これは、昔の名残で「スマートホン、ガラゲー用」のページと、パソコンのトップページで別々に作っていたやり方。2009年とか、2010年、2011年あたりにホームページを作ったりした会社とかは、このようなつくりになっているケースは多いかな…

トップページがトップページとして機能をしていない

「リダイレクト」と呼ばれるプログラムを使えば、目的のページ以外の場所を指定することができます。

  • https://○○.com/index.html
  • https://○○.com/wp

など、別のページでトップページを作っていたりするホームページも存在します。

トップページはトップページにそのままアプローチするような作りにしてください。https://○○.com/がそのままトップページであるべきです。

昔にホームページを作ってもらった会社等は、このパターンになっている事が多いです。

また、最近でも、ワードプレスをトップページではなく、その直下にわざわざhttps://○○.com/wpとしている所も存在します。

ご自分の会社、或いは情報発信の媒体をチェックしてみてください。

資産になるホームページ戦略を提案

Facebookもフォローお願いします^^

おすすめの記事